日本のパスポートは世界1。ネイティブ英語スピーカーよりも有利なワーホリ生活

f:id:ayataned:20181220035032j:image

 

フランスからこんばんは(^^)

ワーホリ4か国目、世界一周49カ国目の@ayatanedです!

 

 

はじめに

 

レストランで働き初めて5日間が経過しました。

 

フランス語苦戦中です(泣)

 

日本食を提供しているお店なのですが、お客様は99%フランス人。。。

従業員も、店長以外フランス人。

フランス人て、英語が話せるのにかたくなにフランス語しか話さないで有名ですがw

周りの友人や、一緒に働かせてもらってるフランス人はそんな事なく英語で会話してくれます。

 

ネイティブで英語を話すカナダ人よりも仕事を見つけやすい日本人

私は、フランスに到着して3日後に仕事が見つかったのですが、彼はまだ求職中。

 

職業案内所を訪れたら、フランス語話せないと仕事を紹介するのも厳しいと言われたらしく、明日学校の見学に行くそうです(*_*;

 

日本人用の仕事探しサイトって、どこのワーキングホリデーの国でもだいたいあり、(知ってる限りカナダ、ニュージーランド、オーストラリア、フランス、ドイツ、アイルランドはあります)、こだわりがなければ仕事はわりと見つかりやすいです。

よく、ローカルジョブじゃないと働きたくない。という声を聞きますが、(私も当初はそうでした)

今はもはや日本人がいる環境のが落ち着きます。

 

でも、仕事選びは目的によりますね。

 

私達は、旅と旅の間に次の旅の資金を貯める為にワーホリ制度を利用させてもらっています。

 

その国の言語を伸ばしたいのであれば、確かにローカルレストランで働くのが一番伸びますが、日本人の方と働く環境でも、お客様とお話ししたり、十分伸びる可能性はあります。

話がズレてしまいましたが、何を言いたいかというと、日本人はネイティブで英語を話すカナダ人よりも、仕事を見つけやすいという事。

 

(フランスだからという訳ではありません。実際に英語圏でも同じでした。)

 

日本人で良かったぁと心から思います!

 

 

また、日本人で誇りを持つのはそれだけではありません!!!

 

 

世界最強のパスポート

 

日本人のパスポートって世界一最強のはご存知でしょうか??

f:id:ayataned:20181220035032j:image

 

世界の190カ国で、日本人に対しビザ(旅行目的の短期滞在ビザ)を要求していないか、あるいはビザが必要だとしても入国の際に現地の空港などでアライバルビザ(到着後に現地で取得可能ビザ)が取れるようになっています。

つまり日本人は、世界の約80%の国はすでにビザを日本で申請せずに旅行できてしまうという事です。

以下が優秀なパスポートを持つ上位10カ国です。

(右の数字はビザ無しで渡航可能国数)

1位 日本 190カ国
2位 シンガポール 189カ国
3位 ドイツ 188カ国
3位 フランス 188カ国
3位 韓国 188カ国
4位 デンマーク 187カ国
4位 フィンランド 187カ国
4位 イタリア 187カ国
4位 スウェーデン 187カ国
4位 スペイン 187カ国

 

カナダ人のパスポートは??

ん???

カナダがランクインしていない、、、、?

 

と思いきや。カナダ、6位 185カ国ビザ無し渡航可能で10位には入ってます!

旅中、彼のパスポートのお陰で行くのが難しい国があり、諦めなければ行けない時がありました。

(それはイランです。イランの周りの国々は訪れたんですけどね、やはりビザばかりはどうしようもできないので仕方ないですね。泣)

 

また、訪れる国々のビザの申請料も、常に相方カナダ人の方が多くお金をとられています。

 

日本人の皆さん、折角世界一のパスポートを持っているのですから、有効に使いましょう(^^)

 

ではでは、本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

少しでも楽しんでいただけた方、下記の2つのボタンを押して下さるとモチベーションあがります(><)

 

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ

 

 

コメント

  1. dameningen-dame より:

    思わず読みいってしまったのでスター付けておきました。

タイトルとURLをコピーしました