日本とは違うカナダとフランスのバレンタインデー

f:id:ayataned:20190215044649j:image

 

フランスからこんばんは^^
ワーホリ4ヶ国目×世界一周中の@ayatanedです!

はじめに

みなさん、どんなバレンタインデーを過ごされましたでしょうか?

日本では、女性が男性に告白をしたり贈り物をしたりすることが一般的ですが、海外の多くの国では真逆です。

男性から女性にプレゼントを送るイベントとなります!

今日は、今私達が住んでいるフランスと、私の相方の出身地カナダのバレンタインデーについてお話しします^^

フランスのバレンタイン

フランスでは、バレンタインは付き合っているカップル間でのお祝い事とされているので、独り身の人からすると何でもない日にあたります。

日本のように、友人や同僚に義理のチョコレートを贈る文化もありません。

 

また、フランスは若いカップルこそバレンタインデーが特別な日と思う人はそんなにいないという印象を持ちました。

その理由が2つあります。

 

理由1つ目。

同棲している彼がいるいつもの同僚との会話。

 

フランス人てバレンタイン何するの?

特に何もしないよお(笑)

まじか!まぁこの時間働いてるからね。(夜0時まで)

いや、私達毎年バレンタイン祝わない派なんだよねえ

 

 

私は内心驚きました!!

ロマンティックそうなフランス人男子が何もしないという事を。

しかし、彼女達は決してラブラブじゃないわけではありません。

そんなイベント馬鹿馬鹿しい。どうして、2人の愛を年に1度しか交わさないの?私達は毎日交わしてると言わんばかり!

 

確かに、彼女の意見も一理ありますね!

では、お祝いする人たちは、どんな風なバレンタインデーを過ごすのかと言いますと、、、

ロマンチックな食事をしたり、映画やコンサートを鑑賞したりと、普段とは少し違った特別なデートをして過ごすようです。

そして、プレゼントは赤い薔薇+αをプレゼントするのが一般的と言われています。

私の働かせてもらってるレストランは、小さな街ながら繁盛していて、ほぼ毎日満席なのですが、

今日のバレンタインデーに関しては一ヶ月前からランチタイムもディナータイムも予約でいっぱいでした。

そしてレストラン内はほぼ全組がカップル。

 

しかし、気づいた事が一点!

先ほどの理由2にあたるものなのですが、

8割のカップルが50歳以上の方。

 

もしかしたら、小さな町だからっていう理由があるのかもしれませんが、普段は若いお客様もいらっしゃるので、何だか不思議でした。

 

ディナータイムは赤い薔薇をプレゼントしている男性も何人か見られて、ほっこりな気持ちになりました。

 

カナダのバレンタイン

お次は、相方の出身カナダのバレンタインについてお話します。

カナダのバレンタインは小さな子供から大人まで、みんなでお祝いする日。

もちろん恋人同士にとっても特別な日です。

男性から女性に、もしくはお互いに贈り物をしあったり、ディナーをしたり、デートをする日。

ギフトはチョコに限らず、お花にアクセサリーに、いろいろです。

また、同僚や友達、お世話になった人に、カードと共にお菓子やバレンタインギフトを送る風習もあります。

私がカナダに住んでいた時は、彼からお花とお菓子とカードをもらい、彼のお母さんからも手作りクッキーとプレゼントをもらいました。

ちなみに彼は、この旅に出る前の28歳まで、彼のお母さんに毎年手作りバレンタインをもらっていたそうです。

もし、旅に出ていなかったら、31歳の今でもくれてるはずとの事。

彼のお母さんにとって、彼はいつまでも可愛い子供なんなだなぁという場面が良い意味でも悪い意味でも沢山あります(笑)

 

 

国際カップルはどうするの?

お次は、両方の違う文化を持つカップルはどうするのか?についてお話します。

インスタで仲良くさせてもらっている国際カップルさんの方々の投稿を見ていると、お互いにプレゼントをあげていたり、外人のパートナーさんから素敵な花をもらっていたりと、日本に住んでいる外人の男性でも、何かしらサプライズをされているのを伺えました!!

 

素晴らしいですね!

日本に住んでいるのなら、その地の文化を良いとこ取りしてしまおう!となっていない所がロマンティックです^^

 

そして私達はというと。。。

一緒にタルトを作りましたー!

f:id:ayataned:20190215090234j:image

私が仕事だったので、バレンタインが若干過ぎた夜中1時に食べるというデブ活(笑)

 

 

ホワイトデー

なんと、フランスもカナダも、ホワイトデーはありません。

3/14は、普通の日にあたるので、何もしなくて良いのです!

なので基本、バレンタインは女性がハッピーになるイベント!

女性はもらうだけもらって、ありがとう💛でお終いのようです!

お返しの事を考えなくていいなんて、なんて気が楽なのでしょう(笑) 

 

 

まとめ

フランスのバレンタインデーは、若年層にはあまり注目しされてないイベント。

カップルでない者同士が「愛を告白する日」というより、カップル同士が「愛を再確認しあう日」と言えます。

 

カナダは

フランスのバレンタインデー+日本の友チョコという感じの印象です^^

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

文化の違いって面白い!と思われた方も、そうでない方も、下記の2つのボタンを押して下さると嬉しいです^^

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました