自分と同じ誕生日の人に会う確率。世界に出ると確率が増える?!

f:id:ayataned:20190227133727j:image

 

日本の皆さんおはようございます^^
世界一周中の@ayatanedです!

はじめに

 

私事ですが、昨日2/26に28歳の誕生日を迎えました!

芸能人の方でいうと、桑田佳祐さんや、品川庄司、庄司の奥さんミキティー、サッカー選手の三浦知良さんと同じ誕生日です(*^^*)

誕生日当日は、フランス(コルマール)という街を歩き回り、

f:id:ayataned:20190227134410j:image

 

ピクニックして、

f:id:ayataned:20190227134315j:image

 

教会巡りをして、

f:id:ayataned:20190227134515j:image

翌日のフライトに向けて空港で眠りました。

f:id:ayataned:20190227084547j:image

ドイツとスイスとフランスの国境交じりにある空港な為、Euro airport basel Mullhouse Freiburg(ユーロエアポート・バーゼル=ミュールーズ空港)と空港の名前に3つの国の名前の都市が入っている珍しい名前の空港なのですが、居心地抜群。

 

今日は、旅のお話からはかけ離れますが、誕生日に兼ねて、同じ誕生日の人と出会う確率についてお話しさせてください。

というのも、最近新たに自分と同じ誕生日の方と出会い、実際に同じ誕生日の人と出逢う確率ってどんなもんなんだろ?
と思って調べてみたら面白かったので皆さんにシェアしたいと思います。

 

私自身、実際に繋がりがある方の中で同じ誕生日の方は、彼女が6人目となります。
1幼馴染のお母さん
2短大時代の友人
3インストラクター時代の同僚

4ニュージーランドのファームの同僚
5インスタで出逢ったコ
6フランスのレストランの同僚

の5人です。

 

みなさんは、芸能人など接点がない人を覗いて、ご自分と同じ誕生日の方を何人知っていますか?

 

 

誕生日のパラドックス

誕生日のパラドックスというもので、
「23人集まれば50%以上の確率で同じ誕生日の人がいる」
と言われているようです。

これは、「わたし」と「わたし以外の誰か」が同じ確率じゃありません。

23人の中に「誰かしら」誕生日が同じ人が2人以上いる、という確率ってことみたいです。

計算は、次のようになります。

23人の中に同じ誕生日の人が少なくとも2人はいる」
の余事象は、
「23人全員の誕生日は全て異なる」です。

全員違うということは、
1人目はどの日でも良いので、 確率365/365
2人目は、1人目と違う日だから、 確率364/365
3人目は、前の2人と違う日だから、 確率363/365

23人目は、前の22人と違う日だから、 確率343/365
これを全て掛けると、

(365/365)(364/365)(363/365)…(343/365)

です。

2つ目の354/365から先は、分子の方が分母より小さいですから、1より小さい数です。

どれもだいたい、0.9…くらいで、だんだん小さくなります。
0より小さい値は、掛けるごとに小さくなりますから、この場合意外と数値はぐんぐん小さくなり、

(365/365)(364/365)(363/365)…(343/365)=0.4927…

と0.5に近い値になります。
「23人の中に同じ誕生日の人が少なくとも2人はいる確率」
は、余事象ですから

1-0.4927…=0.5072…

つまり、約50%となるようです。

 

ややこしいですね。

ちなみに、「わたし」と「わたし以外の誰か」が同じ誕生日の確率はというと、、、

253人集まれば、50%の確率で「わたし」と同じ誕生日の人がいる。という結果になるそうです。

 

また、日本では新生児が毎日平均2700人ほど産まれると言います。
なので、誕生日だけでなく、生年月日も全て同じ人と出会うとなると結構凄い確率なのがわかりますね。

 

仰天なお話

また更に調べていると、面白い記事を見つけました。

誕生日が同じイギリスのご夫婦。

それだけでも、運命的なのにも関わらず、まさかのその2人の誕生日に待望の第一子が生まれたというのです!

滅多に聞かない話ですが、その確率は天文学的にすごい数字になるらしいです!!

 

ちなみに、私は同じ名前で同じ身長で同じ誕生月で、体重は私の半分くらいの中条あやみさんに勝手に運命を感じています!

f:id:ayataned:20190227084917j:image

 

彼女のインスタの写真と合成して、一緒にお祝いしてる風です。(笑)

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

実際にこうやって確率が数字に表されると面白いですよね。

職業柄、普段から沢山の新しい人と出会う人は、計算上分母が増えるので、同じ誕生日の人と出会っている確率が高いということですね。

なので、海外に出て色んな人と出会う機会があれば、それも分子を上げるきっかけになるっていう事ですね。

同じ誕生日の人と出会うのは何かと不思議な感覚でおもしろいものです^^

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ランキングに参加しています!

興味深い!と思われた方も、そうでない方も、下記の2つのボタンを押して下さると嬉しいです^^

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました