ビールが2ℓで200円!バルカンのNZ★正直がっかりクロアチア

f:id:ayataned:20190424034705j:plain

おはようございます。
世界一周中の@ayatanedです!

バルカン半島のNZ

f:id:ayataned:20190424053651j:plain

モンテネグロは、山好きにはたまらない場所で、壮大な自然がたっぷり。

まさにバルカン半島のニュージーランドって感じです。

泳ぐのに快適な温度ではないですが今の時期でも入水可能です!

また、3時間でできるハイキングコースから、一週間のトレッキングコースまであります^^

カウチサーフィンで仲良くなったロシア人も合流して一緒に登りに行った日もありました~

f:id:ayataned:20190424053634j:plain

トレッキング中ヤギさんにも遭遇。

f:id:ayataned:20190424045410j:plain

 観光地から少し離れれば、好きな所にテント張り放題。 

f:id:ayataned:20190424034656j:plain

しばらく誰も訪れてないであろうお城の横や 

f:id:ayataned:20190424034648j:plain

海を見渡せる山頂にてテントを張りました。

また、私達がトレッキングをスタートした周辺のビーチには、ムール貝が大量発生しており、蒸して食べたりラーメンに入れたり、贅沢キャンプでした。

f:id:ayataned:20190424034631j:plain

主な観光都市

世界遺産コトル(kotor)

モンテネグロを代表する観光都市。アドリア海から続くコトル湾の奥深くにひっそりと佇むこの町は、中世の面影を色濃く残しており、その自然と歴史の豊かさから世界遺産にも指定されています。

前方を海、背後を険しい山々に囲まれた守られたコトル。

f:id:ayataned:20190424053642j:plain

天然の要塞に囲まれた堅固な城塞都市は、敵に破壊されることなく中世のままの姿を現在に伝えています。

f:id:ayataned:20190424053659j:plain

大自然と歴史、様々な文化が融合した美しいコトルは「世界一美しい湾」とも称されるほど。

複雑な入り江にひっそり隠れるように佇むこの町は、まさに秘境と呼ぶにふさわしい存在です。

 

まったりしたいならヘルツェグノビ

コトルから、クロアチアのドブロブニクまで行くついでに寄った街(Herceg novi)。

コトルからバスで2時間ほどの場所にあります。

小さな町なので、半日あれば充分ですが、まったりした雰囲気が好きな方にはオススメの場所です~ 

f:id:ayataned:20190424033305j:plain

城壁好きならウルツィ二(Ulcinj)

その他ウルツィ二に寄りましたが、天気が悪かった為あまり良い写真とれず、、、

歴史マニアの彼はまあまあ楽しんでました~

f:id:ayataned:20190424033301j:plain

ビールが激安!

今までのバルカン半島では目にかからなかったペットボトルビールを発見!!

その値段は、2ℓで200円という安さ。

f:id:ayataned:20190424033703j:plain

これらのメーカーは缶ビールも出していますが、ペットボトル買いが完全に割安です。

味も値段の割には悪くなく、炭酸が抜けやすい為毎日2人で1本飲み切りって感じでした^^

料理も割とお手頃で、この2品(チキンサラダ+パンとビーフシチュー+ライス的なやつ)で400円くらいでした~

f:id:ayataned:20190424033258j:plain

 

正直がっかりクロアチア

55カ国目クロアチアー!

ドブロブニクといえば、1979年に世界遺産に登録された旧市街は「アドリア海の真珠」とも謳われる美しい町並みを誇ります。

f:id:ayataned:20190424034640j:plain

バルカン半島で一番の観光地である場所ですが、正直ガッカリ。。。

アドリア海沿岸でも傑出した観光地であ地中海各都市とフェリーで結ばれネレトヴァ郡の中心都市となっている為、私達が訪れた際はクルーズ船が3隻も。

街並みは美しいし、紛争で破壊された物も綺麗に再現されてるのは素晴らしいですが、明らか作られた街感。

他のバルカン半島と比べてしまうと、誠にがっかりです。

紛争前のオリジナルを元に建て直されたわけですが、他のバルカン半島は城塞などそのまんま残されており、歴史を感じる事ができるのに対し、この街は人工的に作られた感が満載。。。

まあ、それは良しとして何より気に食わないのは、物価の高さ!!

洗濯機使用料900円

クロアチアは、一定の場所以外でのキャンプ禁止を頑なに謳っている為、今回はホテルに滞在したわけですが、値段は隣国のモンテネグロやボスニアの倍以上するにも関わらず、サービスとクオリティは半分以下。

キャンプ生活をしていると頻繁に洗濯ってできないので、ホテルに泊まったついでに洗濯機をお借りすることが多いのですが、今回宿泊したホテルに関してはドキモを抜かしました。

洗濯機使用するのに900円!!!

これは今までで最高値です!笑

折角洗濯できるチャンスだったけど、これは払えない、隣の国に行けば無料で出来るのに馬鹿馬鹿しい。と3泊いる予定を1泊に変更し、そそくさと観光地から逃げ、まったりバスケットコートで遊んでました~笑

f:id:ayataned:20190424053626j:plain

旅の目的はみんな違う訳で、おそらくほとんどの観光客の方は満足していると思います。

しかし、出会ったバックパッカー全員みんなドブロブニクの悪口ばかり笑

きっと、逆ルート(イタリアやハンガリーから)で周ってたら、また違った視点で書けたんだろうけど、、、

似たような国を周ってきてこんなにも物価に差があると受け入れがたいのです( ; _ ; )

アイスは、隣の国の4倍もしたけど、おいしかったからOKw

f:id:ayataned:20190424045412j:plain

とにかくバックパッカーには向いてないかなぁという印象。

でも、眺めの良い場所にあるバスケットコートは最高でした~♪

今回は時間が限られている為島々を開拓できませんでしたが、いつかまた戻ってドブロブニク以外のクロアチアを楽しめたらと思います^^

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ランキングに参加しています!

バルカン半島訪れたい!と思われた方も、そうでない方も下記の2つのボタンを押して下さると嬉しいです^^

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

Page Not Found • Instagram
です!</p">

Page Not Found • Instagram
です!</p">

 

コメント

  1. Nozomi より:

    クロアチア、そゆ風に感じてしまったのは残念です〜。
    たしかに物価は安くはない、、、けど自然はすごい!
    もしフリーでキャンプしたかったら島に行くことをオススメします。クロアチアにはたっくさん島があって、まだまだバックパッカーも行かないような所がいっぱいあります。自然が溢れてるからどこでもテント張れるし!
    10月にキャンプ旅してましたが、オフシーズンだったからフェリーとかも安かったし、島々ではほとんど観光客に会うこともなかったです。
    気が向いたらまた行ってみてください笑、いい国ですよ。

  2. ayataned より:

    Nozomiさんコメントありがとうございます!そういえば、歩いてバルカン半島まわってるバックパッカーに出会ったんですけど、その人も同じ事言ってました!
    クロアチアは島にいけばガラっと雰囲気が変わると、、、、。
    明日からSplitに移動するのでまた違った雰囲気が味わえるといいなぁ~
    そしてまた機会があったら島々も開拓したいです!貴重な情報ありがあとうございました^^

タイトルとURLをコピーしました